産業学会 The Society for Industrial Studies, Japan

産業学会会則

会則をダウンロードする(PDFファイル)

1条 本会は、産業学会と称する。

2   本会は、産業に関する研究の発展をはかることを目的とする。

3   本会は、第2条の目的を達成するため、次の活動をおこなう。

(1) 会員総会(年1回以上)の開催(全国研究会の際に定例会員総会を開く)
(2) 全国研究会(年1回)および産業別・地区別研究会の開催
(3) 研究年報の発行
(4) 関連研究機関・団体との交流・提携
(5) そのほか、上記目標達成に必要な活動

4   

1.
産業に関する研究者で、理事会の承認を得たものを会員とする。
2.本会は、賛助会員―学会運営を賛助する「個人」および「企業・団体」―を設ける。
3. 退会を希望する会員はその旨を本会に申し出て、理事会の承認を得なくてはならない。
4. 会員は所定の会費を毎年の全国研究会までに納めなくてはならない。3年以上会費を滞納した会員は自然退会者とみなす。

5    本会への貢献が顕著なものは、理事会の推薦にもとづき会員総会の承認をもって名誉会員とすることができる。

6    
 
1.
本会につぎの役員を置く。
  (1) 会長   1
  (2) 事務局長 1
   (3) 会計監査 1
  (4) 理事 若干名。(理事の定員については、本学会の会則付則において別に定める)
  (5) 編集委員 若干名。

2. 会長および事務局長は、理事会の推薦により、会員総会の承認をもって選任される。会長は本学会を代表し、理事会を主催する。

3.会長に事故あるときは、次回会員総会までその職務を事務局長が代行する。

4. 理事は各地方部会の推薦により、理事会の議を経て、会員総会の承認を受けて選任されるものとする。

7    役員の任期は2年とする。但し、会長は原則として重任しない。

8    会員総会は、会長の招集によって開催し、つぎの事項を決定する。決議は出席者の過半数によるものとする。

(1) 活動計画および予算の決定
(2) 活動報告および会計報告の承認
(3) 役員の選出
(4) その他

9     理事会は各年度1回の定例理事会の外に、会長の招集により臨時開催することができる。理事会の成立は理事定数の過半数を要件とし、理事会の決議は出席者の過半数による。

10   年報編集委員会は編集委員をもって構成し、その決議は出席者の過半数によるものとする。

11   事務局および会費については、付則において定める。

12   本会則の変更は理事会の提案により、会員総会出席者の2/3以上の賛成を得なくてはならない。

13  本会則付則の変更は、理事会出席者の2/3以上の賛成を得なくてはならない。

 
産業学会会則付則

1.     本会事務局は、当分の間、下関市立大学751-8510 下関市大学町2-1-1 下関市立大学経済学部 杉浦 勝章研究室気付)とする。
2.     会費は、研究年報代を含み年間7,000円、賛助会員は、個人110,000円、企業・団体120,000円とする。ただし、大学院生に限り3,500円とする。また、名誉会員は無料とする。
3.     前項の会費は、直接または振込みによって納入するものとする。
4.     理事の定員
  産業学会理事の定員を15名とし、その内6名を東部部会、5名を中部部会、4名を西部部会より選出する。

 

 

 

1975 621日制定
1982 514日改定
19841111日改定
198711 7日改定
1997 6 7日改定
1998 613日改定
2003 621日改定
2004 612日改定
2008 614日改定
2011 611日改定
2013 6 8日改定
2014 614日改定
2016611日改定
2017610日改定